プロフィール

ダメ人間

Author:ダメ人間
社会の底辺で生息している「ダメ人間」です。
若くないです。もうおっさんです。
戦記ものの小説を主に書いていますので、どうぞ見てやってください。


アクセスカウンター


最新記事


月別アーカイブ


DLsite

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com 同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

カテゴリ


モッピー

モッピー!お金がたまるポイントサイト
ダメ人間が利用しているポイントサイトです。ダメ人間はここのモッピーワークスで文章書いて稼いでます。

ハピタス

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ダメ人間がお世話になっているポイントサイトです。生活を良くするために利用中。無害で利益があるサイトですよ

長らくブログを休んでいたダメ人間ですが、とりあえず再開したいと思います。
そして、今後の展望といたしましては、もう一度、最初から色々と仕切りなおしということで、また一歩づつ前に進んで行きたいと思っています。
とりあえず、宣伝と資金集めも兼ねて、DLサイトをもっと積極的に活用していきたいと思っています。まだ長編小説は書けそうにないですが、超短編小説だったら書けそうなので、ちまちまと書いていきたいと思っています。
題材は何にしましょうかね。
オリジナルの「クトゥルフ神話」でも書いてみましょうか。一度、ホラー小説を描いてみたかったので。ちなみに、ダメ人間が好きなクトゥルフ神話の話は「宇宙からの色」です。これは傑作だと思うので、みなさん、読んでみてください。

追伸、来月、またひとり人が辞めます。うちの職場、ヤバイな・・・・・・。
スポンサーサイト
 ・・・・・・まさか一ヶ月近く更新できないとは思ってもいませんでしたが、まだなんとか頑張っています。早いリ夜勤明け残り、夜勤明け残り、夜勤明け残りという、3夜連続夜勤+超過勤務というおかしな勤務があったりした1月でしたが、どうにか死なずに済んでいます。でも、職場では、本当にシャレにならない事があったりして、次は自分が倒れてどうにかなってしまうのではないかと怯えながら仕事をしています。それでも、2月は1月と比較してだいぶ落ち着いてきたので、またそろそろ活動をはじめたいと思っています。
 ちなみに、この一ヶ月の間にオワタの身に起こった変化は以下の通り。

 体重   +6キロ
 頭髪   抜け毛が増えて薄くなった。
 血圧   +20増加
 顔色   ゾンビかな?
 痛み   足・腰・肩(常時)
 給料   もっと増やして!
 結論   命が大事

 ・・・・・・近日中に、大鹿村騒乱記を再開します。
 さぁ、明日もお仕事がんばろう。  
早いもので、もう1年が終わろうとしています。
お世話になった皆様には、この場を借りて、お礼を申し上げさせてください。
本当に、ありがとうございました。

・・・・・・さて、今年最後の更新は、愚痴です。なぜならば、現在、ダメ人間は、未来どころか、来年への展望すら期待できない状況にあるからです。原因は、もちろん、会社にあります。
ダメ人間は現在、年末年始を前後して、16連勤の真っ最中にあります。早番・遅番・遅番・夜勤・明け・早番・早番・夜勤・夜勤・明け・早番・夜勤・夜勤・明け・早番・早番・・・・・・書くとこんな感じになります。ちなみに、夜勤や明けの日でも、サービス残業やら超過勤務などで、24時間丸々休めた日が1日もない状況です。さすがに身体がだるくて仕方ありません。
なでこんな状況になっているかというと、人がいないからです。
みんなどんどん、辞めていってしまうからです!

「こんな職場、もう嫌だ!」

と言って。
おかげで残された人間は地獄です。もともと激務の職場ですが、現在はさらにハードルが高くなっています。体調不良で倒れる者もいれば、退職予備軍もいます。円形脱毛症になった方もいます。その結果、ダメ人間は来月12~13時間勤務が10日ほどある挙句、連続勤務もがっちりあったりして、無事に生きていけるか不安になっています。いや、ホント、系列の別の職場では、心筋梗塞でぽっくり逝ってしまった方がいますので、他人事ではありません。元々、ダメ人間は身体が弱いので、夜勤の最中に倒れたらどうしよう、と常日頃から思っています。
ですので、もし更新がストップしたままなら、ダメ人間の身になにかあったとお察しください。正直、どうなるのかわからないので、怖いです。
本当に、怖いです。

・・・・・・まぁ、そんな感じで、愚痴を書散らしたら、ちょっと気が楽になりました。明日も早番なので、この辺で失礼します。
皆様、よいお年を。
つい先日、知り合いの社長(といっても中小企業ですが)と話をする機会がありました。

その社長によると、いまはやたらと仕事が舞い込んできて仕方が無いらしい。その忙しさたるや、文字通り、ネコの手も借りたいほどだそうで、従業員の確保に躍起になっているという。そのため、ボーナスは新卒でも1本、忘年会は1泊2日で九州までいくらしい。気になったので、内部留保があるか聞いたところ、将来に備えてそれなりの額を蓄えているそうだ。中小企業でもこれなんだから、大企業はさぞかし潤っているに違いない。

こんなんだから、うちの会社からは人がどんどんと抜けていくんでしょうねぇ。
以前、このブログにも今月末で2人が辞めると書きましたが、追加でさらに人が辞めることになりました。にも関わらず、人員の補充はなし。てか、条件が悪すぎるため、誰も働きたくないという有様だそうで、応募はゼロ。人事が頭を抱えていました。
まぁ、うちの会社、従業員に対して容赦なさすぎるので、当然といえば当然なのですが、残る人間には辛い状況が続くわけですよ、はい。

まぁ、そんな愚痴はさておいて、とりあえず次の新連載の告知です。唐突ですが。
次の物語は「大鹿村騒乱記」という、ファンタジーとはまったく別のストーリーです。とりあえず、勢いで書いた作品なので、いろいろと突っ込みながら見てくださるとうれしいです。
舞台は文字通り、長野県下伊那郡大鹿村。そこで繰り広げられるむちゃくちゃな村起こしの物語です。
ちなみに、ダメ人間は信州人ですが、大鹿村は行ったことすらないので、すべて想像による産物です(笑
最近、トランプ大統領のエルサレム首都認定が話題になったので、エルサレム問題の根源をちょっとしたパロディ小説にしてみました。「サイクス・ピコ協定」とか「バルフォア宣言」とか「フセイン・マクマフォン書簡」とか「トーマス・ローレンス」とか、ごっそり省いたうえ、事実とちょっと違う面もあるかと思いますが、ちょっとしたパロディとして読んでください。


・・・・・・いまから100年ほど前、イギリスは連合軍の一員としてドイツやらと戦っていた。

イギリス「う~む、ドイツ強いなぁ。このままだと負けちゃうかもしれない。なんとかしないと・・・・・そうだ、ドイツの同盟国オスマントルコを困らせてやろう」

 当時、弱体化したとはいえ、オスマン・トルコは中東を支配する強国だった。

イギリス 「アラブ人さん、アラブ人さん、トルコから独立したくない?」
アラブ人 「したいしたい!」
イギリス 「じゃ、支援するから内戦おこそっか♪ そしたらパレスチナでの独立認めてあげるよ」
アラブ人 「オッケー!」

 イギリスからの援助を受け、アラブ人たちが立ち上がる。

 一方その頃、イギリスはユダヤ人たちに接触していた。

イギリス 「ユダヤ人さん、ユダヤ人さん、自分たちの国欲しくないですか?」
ユダヤ人 「ほしいほしい!」
イギリス 「じゃあ、ドイツ倒すの協力してくださいよ♪ そしたら、パレスチナに国作ってもいいですよ」
ユダヤ人「オッケー!」

 こうしてイギリスはアラブ人とユダヤ人たち、双方の協力を得ることに成功する。

 ところが、その一方で、イギリスはフランスとロシアと協定を結んでいた。

イギリス 「フランスさん、ロシアさん、ドイツを倒したら、トルコの領土は三カ国で分け合いましょうね」
フランス 「オッケー!」
ロシア  「オッケー!」

 ・・・・・・こんなことをしてただですむはずがなく、ほどなくしてパレスチナが物理的な火薬庫と化す。

アラブ人 「パレスチナは我々の国だ! イギリスと約束したんだ!」
ユダヤ人 「なにを言うか! パレスチナは我々の国だ! イギリスと約束したんだ!」
アラブ人 「おや?」
ユダヤ人 「あれ?」

 それまで、パレスチナの地では、アラブ人とユダヤ人がお互いを尊重しながら穏やかに暮らしていた。しかし、突然、イギリスが口にした独立問題のせいで、血で血を洗う争いの場へと変貌してしまう。
 第二次世界大戦後、ユダヤ人がイスラエルを建国。怒ったアラブ諸国が戦争をしかけ、4度も中東戦争が勃発し、その怨恨は現在でも終わることなく続いている。

イギリス 「やべwwww 中東問題手におえねーわwwwww あとは国連に任せたよーwwww」

 イギリスは逃げ出した。

 そして現在・・・・・・

イギリス 「トランプ大統領の宣言はとんでもない宣言だ! 断固として認められない!!!」

 これが歴史に残るイギリスの「三枚舌外交」である。


 ・・・・・・とりあえず、時系列とか無視して書いてみました。色々と間違っているかもしれませんが、ダメ人間は、一刻も早く、この問題が解決され、中東に平和が訪れる日を待ち望んでおります。
 戦争は、空想の中だけで充分ですからね。

 | ホーム |  次のページ»»