FC2ブログ

プロフィール

ダメ人間

Author:ダメ人間
社会の底辺で生息している「ダメ人間」です。
若くないです。もうおっさんです。
戦記ものの小説を主に書いていますので、どうぞ見てやってください。


アクセスカウンター


最新記事


月別アーカイブ


DLsite

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com 同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

カテゴリ


モッピー

モッピー!お金がたまるポイントサイト
ダメ人間が利用しているポイントサイトです。ダメ人間はここのモッピーワークスで文章書いて稼いでます。

ハピタス

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ダメ人間がお世話になっているポイントサイトです。生活を良くするために利用中。無害で利益があるサイトですよ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
西暦二一四七年から開始された火星のテラフォーミング計画は、その後、年単位の時間を消費して継続され、西暦二二〇〇年の無人探査機を使った調査によって菌類や藻類の繁殖が一定レベルに達したことが確認されている。ただ、昆虫類はほぼ全滅していることが判明したため、これはいかに他星のテラフォーミング化が難しいかを語る研究材料となったわけだが、そんなことでめげる人類ではなかった。元々、火星のテラフォーミング化には数百年単位の時間が必要となることは予想されたことであった。遠大な計画である。それでも進めなければならない事情が人類側にはあったのだ。
 二月二二日に月面都市を出発したインデペンデンス号は、およそ三週間の時間をかけて、三月一五日に火星に到着した。
 化学燃料を使用したロケットでの航行であれば数ヶ月もの時間を必要とした火星との距離も、比推力可変型プラズマ推進エンジンを搭載したインデペンデンス号であればわずか数週間で到着することができる。インデペンデンス号は火星よりも先にある木星の衛星エウロパや、土星の衛星タイタンでの有人探索を目的としても開発された船であり、ゆえに、火星の基地が無事に構築されれば、人類はさらに太陽系の外へと向かって進むことができるだろう。
 だが、現段階での命題は、火星での基地建設であった。
 火星の環境は苛酷だ。二酸化炭素が大気として充満しており、平均気温はマイナス五五度、最低気温がマイナス一四〇度を超えることすらある極寒の惑星だ。大地は不毛な砂漠地帯で、植物は地球から送り込まれたわずかな藻類しかいない。重力は地球の三分の一、気圧も低く、磁気圏も弱い。このような環境で人間が生活するためには、完全なる人工の施設が必要だった。


同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。