FC2ブログ

プロフィール

ダメ人間

Author:ダメ人間
社会の底辺で生息している「ダメ人間」です。
若くないです。もうおっさんです。
戦記ものの小説を主に書いていますので、どうぞ見てやってください。


アクセスカウンター


最新記事


月別アーカイブ


DLsite

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com 同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

カテゴリ


モッピー

モッピー!お金がたまるポイントサイト
ダメ人間が利用しているポイントサイトです。ダメ人間はここのモッピーワークスで文章書いて稼いでます。

ハピタス

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ダメ人間がお世話になっているポイントサイトです。生活を良くするために利用中。無害で利益があるサイトですよ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 西暦二二三五年には建設された基地の数は一二に増え、人口も「火星ベビー」を含めて千人を突破する。定住初期段階と比較して安全面は格段に向上しており、宇宙省にもたらされた定期報告によると、この頃の火星では生存に対する不安や心配よりもむしろ各種嗜好に関する話題が増えてきたとある。その話題の大半を占めていたのが食に関する話題であった。
 当然であるが、火星でも朝、昼、晩と食事は三食提供されている。必要な栄養やカロリーがきちんと摂取できるよう計算された完璧な食事がだ。ただし、それら全ての食事の原料は火星の植物プラントで育成された植物であるため、食事は自然と菜食主義に近い形態のものが主であった。肉や魚などの動物性の食材は地球から輸送しなければならず、毎日の提供はほぼ不可能で、休日や祭日、各種イベントの時など限られた日にしか提供されていない。そのため、食事の現状に関しては、不満を口にする者が多かった。

「パンにサラダ、野菜のスープに野菜のジュース、そして各種ミネラルやビタミンが配合されたペースト・フードにタブレット・サプリメント・・・・・・まったく、火星の食事は味気ないったらありゃしない。これじゃ食欲も沸かないぜ、まったく」
「同感だ。俺は菜食主義に転向した覚えはないんだがな。ああ、がっつり食べたいな、肉が。血が滴るステーキを吐くまで食べたい」
「さっき見たニュースだと、本国じゃ食品の偽装が問題となってるそうだが、調味料で味をごまかした賞味期限切れのファストフードも、火星じゃ最高のご馳走だな」
「まぁ、そうぼやくなよ。近日中に完成する第一三基地では動物の飼育実験がおこなわれる予定なんだ。そうすればいずれ、火星でも肉や魚を腹一杯食べることができるはずさ」
「そうなればいいな。いや、早くそうなるべきだ」
「まったくだ」

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。