FC2ブログ

プロフィール

ダメ人間

Author:ダメ人間
社会の底辺で生息している「ダメ人間」です。
若くないです。もうおっさんです。
戦記ものの小説を主に書いていますので、どうぞ見てやってください。


アクセスカウンター


最新記事


月別アーカイブ


DLsite

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com 同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

カテゴリ


モッピー

モッピー!お金がたまるポイントサイト
ダメ人間が利用しているポイントサイトです。ダメ人間はここのモッピーワークスで文章書いて稼いでます。

ハピタス

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ダメ人間がお世話になっているポイントサイトです。生活を良くするために利用中。無害で利益があるサイトですよ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 クラハルトの説明によると、現在、火星で稼動している基地の内、実に四つの基地が食料生産を目的として稼動しているそうだ。第三基地では麦や米などの穀物が栽培され、第五基地では野菜や果物が、第八基地では砂糖やコーヒー、香辛料といった調味料の素なる植物が育成されているという。いずれも水耕栽培で、遺伝子を組み換えた品種が使用されているため年に二回から三回は収穫できるのだそうだ。

「遺伝子組み換えの植物は代を重ねるごとに劣化していくと言われているが、その点は大丈夫なのですか?」
「地球から、持ち込んだ原種があり、まして、定期的にその、原種から採取した遺伝子情報、を種子に組み込んで、いますので、いまのところ、劣化の心配は、しておりません」

 ヘルスケアやバイオ関連の知識や情報は主に第九基地に設置されたスーパー・コンピューターによって管理されているが、扱う技術に関しては代を重ねても脈々と受け継がれているのだという。エネルギーや食料と同様に、それらの技術が火星での生命線であるからだそうだ。
 クラハルトに説明を受けながら、一行はさらに歩を進める。彼らは気づかない。一歩、一歩、基地の深遠へと進んでいることに。

「最後に、第一三基地、を案内します。火星で、最後に建設された、基地です」

 クラハルトは続けた。

「第一三、基地では、主に「食肉」の、生産をおこなって、います」

 案内を受けている四〇名の内、ほとんどの者が牛や豚といった家畜がいることを想像していた。少し過去の知識を持つ者は、火星に食肉動物が送られていないことを知っており、人造タンパクの精製がおこなわれていると考えていた。

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。