FC2ブログ

プロフィール

ダメ人間

Author:ダメ人間
社会の底辺で生息している「ダメ人間」です。
若くないです。もうおっさんです。
戦記ものの小説を主に書いていますので、どうぞ見てやってください。


アクセスカウンター


最新記事


月別アーカイブ


DLsite

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com 同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

カテゴリ


モッピー

モッピー!お金がたまるポイントサイト
ダメ人間が利用しているポイントサイトです。ダメ人間はここのモッピーワークスで文章書いて稼いでます。

ハピタス

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ダメ人間がお世話になっているポイントサイトです。生活を良くするために利用中。無害で利益があるサイトですよ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近、トランプ大統領のエルサレム首都認定が話題になったので、エルサレム問題の根源をちょっとしたパロディ小説にしてみました。「サイクス・ピコ協定」とか「バルフォア宣言」とか「フセイン・マクマフォン書簡」とか「トーマス・ローレンス」とか、ごっそり省いたうえ、事実とちょっと違う面もあるかと思いますが、ちょっとしたパロディとして読んでください。


・・・・・・いまから100年ほど前、イギリスは連合軍の一員としてドイツやらと戦っていた。

イギリス「う~む、ドイツ強いなぁ。このままだと負けちゃうかもしれない。なんとかしないと・・・・・そうだ、ドイツの同盟国オスマントルコを困らせてやろう」

 当時、弱体化したとはいえ、オスマン・トルコは中東を支配する強国だった。

イギリス 「アラブ人さん、アラブ人さん、トルコから独立したくない?」
アラブ人 「したいしたい!」
イギリス 「じゃ、支援するから内戦おこそっか♪ そしたらパレスチナでの独立認めてあげるよ」
アラブ人 「オッケー!」

 イギリスからの援助を受け、アラブ人たちが立ち上がる。

 一方その頃、イギリスはユダヤ人たちに接触していた。

イギリス 「ユダヤ人さん、ユダヤ人さん、自分たちの国欲しくないですか?」
ユダヤ人 「ほしいほしい!」
イギリス 「じゃあ、ドイツ倒すの協力してくださいよ♪ そしたら、パレスチナに国作ってもいいですよ」
ユダヤ人「オッケー!」

 こうしてイギリスはアラブ人とユダヤ人たち、双方の協力を得ることに成功する。

 ところが、その一方で、イギリスはフランスとロシアと協定を結んでいた。

イギリス 「フランスさん、ロシアさん、ドイツを倒したら、トルコの領土は三カ国で分け合いましょうね」
フランス 「オッケー!」
ロシア  「オッケー!」

 ・・・・・・こんなことをしてただですむはずがなく、ほどなくしてパレスチナが物理的な火薬庫と化す。

アラブ人 「パレスチナは我々の国だ! イギリスと約束したんだ!」
ユダヤ人 「なにを言うか! パレスチナは我々の国だ! イギリスと約束したんだ!」
アラブ人 「おや?」
ユダヤ人 「あれ?」

 それまで、パレスチナの地では、アラブ人とユダヤ人がお互いを尊重しながら穏やかに暮らしていた。しかし、突然、イギリスが口にした独立問題のせいで、血で血を洗う争いの場へと変貌してしまう。
 第二次世界大戦後、ユダヤ人がイスラエルを建国。怒ったアラブ諸国が戦争をしかけ、4度も中東戦争が勃発し、その怨恨は現在でも終わることなく続いている。

イギリス 「やべwwww 中東問題手におえねーわwwwww あとは国連に任せたよーwwww」

 イギリスは逃げ出した。

 そして現在・・・・・・

イギリス 「トランプ大統領の宣言はとんでもない宣言だ! 断固として認められない!!!」

 これが歴史に残るイギリスの「三枚舌外交」である。


 ・・・・・・とりあえず、時系列とか無視して書いてみました。色々と間違っているかもしれませんが、ダメ人間は、一刻も早く、この問題が解決され、中東に平和が訪れる日を待ち望んでおります。
 戦争は、空想の中だけで充分ですからね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。