FC2ブログ

プロフィール

ダメ人間

Author:ダメ人間
社会の底辺で生息している「ダメ人間」です。
若くないです。もうおっさんです。
戦記ものの小説を主に書いていますので、どうぞ見てやってください。


アクセスカウンター


最新記事


月別アーカイブ


DLsite

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com 同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

カテゴリ


モッピー

モッピー!お金がたまるポイントサイト
ダメ人間が利用しているポイントサイトです。ダメ人間はここのモッピーワークスで文章書いて稼いでます。

ハピタス

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ダメ人間がお世話になっているポイントサイトです。生活を良くするために利用中。無害で利益があるサイトですよ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 圭吾が大鹿村に帰郷してから一週間後、大鹿村役場に隣接する村民会館にて、緊急の村民会議が開催されることになった。会議の主催者は大鹿村振興委員会で、村役場の全面的な支援があってこそ実現した集会だった。
 会議に先立ち、圭吾は振興委員会のメンバー四人に対して力説した。

「いかに君たちが大鹿村のことを強く想っていたとしても、たった四人の力ではできることは限られている。もし、本当に大鹿村を活性化させたいのであれば、四人だけでなんとかするのではなく、村全体を巻き込むことが重要だ。でなければ、どんなに素晴らしいプロジェクトでも失敗するぞ」

 過疎化する村や町、地方自治体を活性化させようとする取り組みはこれまでにも数多くあった。しかし、その多くが、一部の人が盛り上がっただけで全体には波及せず、失敗に終わっている。

「村を活性化させたいって? 良いことじゃないか。がんばってね」

 と、他人事でいる人間がいる限り、取り組みは絶対に成功しないのだ。それはこの大鹿村でもいえることで、村人ひとりひとりが当事者としての意識を持ち、関わりを決め、覚悟を持たなければ、プロジェクトは失敗に終わり、大鹿村は終焉にむかってまた一歩を踏みだすことになるだろう。

「だ、だけど、まだ案がまとまっただけで、具体的にはなにも進んでいないぞ・・・・・・」

 洋平の心配を、圭吾は鼻で笑って一蹴した。

「案があれば充分だ。まずは村全体を大きく巻き込む、そこが重要だ。だからまずは基盤作りからはじめよう」

 という訳で、急遽開催されることになった村民集会のため、村中から人が集められることになった。それは村が保有するマイクロバスや村の社会福祉協議会が所有する送迎バス、さらには圭吾が私費を使ってチャーターした大型バスを動員しての徹底ぶりであり、山奥の集落から一軒家にいたるまで声がかけられて、一二〇世帯一五〇人以上が集められた。大鹿村の世帯数は約三五〇世帯だから、単純計算で村の三分の一以上の世帯が集まったことになる。取り急ぎの集会としては上々の集まりといえた。

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。