FC2ブログ

プロフィール

ダメ人間

Author:ダメ人間
社会の底辺で生息している「ダメ人間」です。
若くないです。もうおっさんです。
戦記ものの小説を主に書いていますので、どうぞ見てやってください。


アクセスカウンター


最新記事


月別アーカイブ


DLsite

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com 同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

カテゴリ


モッピー

モッピー!お金がたまるポイントサイト
ダメ人間が利用しているポイントサイトです。ダメ人間はここのモッピーワークスで文章書いて稼いでます。

ハピタス

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ダメ人間がお世話になっているポイントサイトです。生活を良くするために利用中。無害で利益があるサイトですよ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「いくらだ?」
「え?」
「家のローンだ。あといくら残っている?」
「え、あっと・・・・・・あと、一八〇〇万円ほどかな」
「よし。ならば、当面の生活費も込みで三〇〇〇万円ほど貸してやる。もちろん、無利子無担保でな。返済も最初の五年間は猶予してやるし、真面目に社長業をこなせば一〇〇〇万円くらいまけてやろう。あぁ、もちろん、三〇〇〇万円は今日中に振り込んでやるから、後で銀行口座を教えるように。いいな」

 そして圭吾はさらに付け加えた。もし、それでも足りないようなら言えばいい。一〇〇〇万円でも、二〇〇〇万円でも、極端な話、一億円でも貸してやる。ただし、貸したからには、絶対に逃がしはしないがな、と。
 洋平は開いた口が塞がらなかった。

「・・・・・・な、なんで、君はそんなに金を持っているんだい」
「東京では外資系の信託会社に務めていてな、一〇年間、寝る間も惜しんで働き、稼ぎに稼ぎまくった結果、気づいたら億単位の金が貯まったんだ。そしてその金を、会社を辞めた去年一年間、個人で運用したところ、五〇億まで膨れあがった。まぁ、はした金だがな」
「ご、ごじゅうおく!?」
「あぁ、もちろん、米ドルではなく、円換算でな」

 これは彼なりのジョークだったのだが、洋平を笑わせることには失敗した。そのことを悟ってか、圭吾は、ひとつ小さく咳払いをすると、言葉を続けた。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。