FC2ブログ

プロフィール

ダメ人間

Author:ダメ人間
社会の底辺で生息している「ダメ人間」です。
若くないです。もうおっさんです。
戦記ものの小説を主に書いていますので、どうぞ見てやってください。


アクセスカウンター


最新記事


月別アーカイブ


DLsite

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com 同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

カテゴリ


モッピー

モッピー!お金がたまるポイントサイト
ダメ人間が利用しているポイントサイトです。ダメ人間はここのモッピーワークスで文章書いて稼いでます。

ハピタス

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ダメ人間がお世話になっているポイントサイトです。生活を良くするために利用中。無害で利益があるサイトですよ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 四月二日、長野県のみならず、首都圏でも購入ができるとある地方新聞の一面に次のような文言が掲載された。

『大鹿村で新たな取り組み。村の有志による会社が発足』

 その記事によると、去る四月一日、大鹿村で、村を活性化させるための新たな取り組みが開始された、とある。村の有志が村民から資金を集め、大鹿村の経済を活性化させることが目的だと書かれてあった。
 会社の名前はビッグ・ディア・カンパニー。略称はBDC。資本金は九九〇〇万円で、代表取締役一名、取締役一名、外部取締役二名からなる小さな会社だ。
 四月一日に発足したこの会社のニュースを、翌日の新聞が取り上げた理由は、決して偶然ではない。あらかじめ新聞社に情報がもたらされており、なおかつ、そう記事を作成するよう依頼がきていたからだ。仕掛け人の名は深桐圭吾という。
 四月一日、会社の発足にあわせ、圭吾は各関係者たちを自宅に招集した。母が亡くなって以来、長らく使用していなかったこの家が、今後の活動拠点となる。
 召集された各関係者たち――代表取締役の白鳥洋平、外部取締役の山岸徹、北村幸太郎、村とのパイプ役を務める大林智弘らを前にして、圭吾はゆっくりとした口調で語りだした。

「さて、我々はこれから企業体としての活動を進めていくわけだが、その前提として、基盤とする経営戦略に関しては大鹿村振興委員会にて出されていた幾つかの案を世襲していくこととする。これはあなた方のこれまでの努力を尊重するだけでなく、より一層の協力をお願いしていくことになるからだ」

 すでに通達されていることであるが、代表取締役を筆頭に、ここに招集されたメンバーは、会社の経営が軌道に乗るまでの間、役員としての報酬が支払われないこと(正式な決定は株主総会がおこなわれてからだが)がすでに告げられていた。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。