FC2ブログ

プロフィール

ダメ人間

Author:ダメ人間
社会の底辺で生息している「ダメ人間」です。
若くないです。もうおっさんです。
戦記ものの小説を主に書いていますので、どうぞ見てやってください。


アクセスカウンター


最新記事


月別アーカイブ


DLsite

同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com 同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com

カテゴリ


モッピー

モッピー!お金がたまるポイントサイト
ダメ人間が利用しているポイントサイトです。ダメ人間はここのモッピーワークスで文章書いて稼いでます。

ハピタス

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ダメ人間がお世話になっているポイントサイトです。生活を良くするために利用中。無害で利益があるサイトですよ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もちろん、それに伴って商品の選別を強化し、品質の向上を目指していくことが求められるが、それらは決してクリアできない課題ではない。より高い収益を求め、そして得るためには、努力を怠るような真似は決してしてはならない。これはどんな職業にも通じる、いわば真理だ。

「在庫がある程度、確保できた段階で、この計画を発動させる予定だ。また、この件に関しては、引き続き山岸氏と北村氏にお願いしていくつもりなので奮起をよろしく頼む。もちろん、ふたりとも本業を優先してもらって構わないが、くれぐれも生産者の方をないがしろにするような真似だけはしないでくれ。彼らあってのプロジェクトなのだからな」

 うなずく山岸と北村の姿を確認して、圭吾が次の話に移ろうとした時だった。洋平がおずおずと手を挙げた。

「あ、あの、ちょっといいかな・・・・・・」
「なんでしょうか、代表取締役」

代表取締役と呼ばれて、洋平が恥ずかしそうな表情を浮かべる。

「や、やめないか、その呼び方。なんか身体がムズムズするんだけど・・・・・・」
「じゃあ社長だな。で、なんでしょうか、社長」

 名目上、立場は代表取締役である洋平の方が上なのだが、現状は異なっている。能力、経験、実績など、どれをとっても圭吾のほうが上であったから、洋平が単なるお飾りの傀儡に過ぎないことは誰の目にも明らかである。ただし、五年後、一〇年後もこの関係が続くようでは、会社のためによくない。ゆえに、圭吾としては、なるべく早い段階で洋平に自覚をもってもらい、力をつけ、会社を取り仕切る人材になってもらいたいと考えている。いまのところはまだ難しい段階だが。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。